【自治体向け】法政執務研修

自治体行政における法政執務の基本を学ぶ

法令等の基本形式や条例・規則の制定改廃の基礎知識を習得し、法制執務能力の向上を図ります。また、今後、求められる自治体法務の考え方を事例等により学習します。

特徴

  1. コンプラインスの必要性を理解できます
  2. 行政運営における地方自治体の役割を認識できます
  3. 基本的な知識や考え方をもとに、法政執務能力の向上を目指します

カリキュラム

内容1.コンプライアンスと地方分権改革
  なぜ今、官民共にコンプライアンスなのか?
  なぜ、自治体にコンプライアンスが必要なのか?
  地方分権改革以前は地方自治の本旨の観点から何が問題だったのか?
  第1次分権改革の成果は何か?

2.分権時代の行政運営
     国・都道府県・市町村の役割分担
     自己責任と自己決定
     自主的、自立的な行政運営
     民主的な行政運営
     公正の確保、透明性の向上、説明責任(アカウンタビリティー)

※プログラムは一例です。プロジェクトの企画・実施にあたっては弊社の営業担当者がお伺いし、お客様のご要望、目的、成果イメージなどを確認させていただいた後、オリジナルプログラムを設計しご提案いたします。

どんなお悩みでも、まずはお問い合わせください!

Contact

ニッコンでは、企業規模の大小や業種に関わらず、各社のご要望に合わせた人材育成プランをご提案いたします。
また、教育研修以外の各種コンサルテーションもご支援いたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ (代表)