部長・課長・主任向け指示から始まるコミュニケーションの研修

目的

コミュニケーションの8つの基本パターン(指示する、報告させる、連絡する、教える、相談にのる、ほめる、叱る、励ます)について学ぶ。​

特徴

事例演習を通して、自身のコミュニケーションを振り返り、今後の職場での取り組みにつなげる。

プログラム

時間7時間
日数2日間
1日目オリエンテーション
1.マネジャーに求まられるコミュニケーション

 1) 職場のコミュニケーション
 2) 8つの基本パターン
 3) コミュニケーション自己診断
2.指示する
  事例「臨店調査の指摘を受けたMさん」
 1) あなたならどうする
 2) 朝礼で指示する
3.報告させる
  事例「報告せずに帰宅したYさん」
 1) あなたならどうする
 2) 職場の具体例と対策
 3) 報告のさせ方
4.連絡する
  事例「連絡していたはずでしょう」
 1) あなたならどうする
 2) 職場の具体例と対策
 3) 連絡の仕方
5.教える
  事例「新人を教えてください」
 1) あなたならどうする
 2) RP「店長候補が新人に教える」
2日目前日の振り返り
6.相談にのる

  事例「今週いっぱいで退職します」
 1) あなたならどうする(シナリオ作成)
 2) RP
7.ほめる
  事例「どうしていつもあの人ばかりほめるのですか」
 1) あなたならどうする(解答選択)
 2) ほめるワーク
8.叱る
  ~事例「年上の部下には叱れない」「それってパワハラじゃないですか」~
 1) あなたならどうする 
 2) フィードバック
9.励ます
  事例「リーダーになるように打診したら悩んでしまった」
 1) あなたならどうする
 2) 職場の成功事例
10.今後の取り組みに向けて
 1) 気づいたことと今後の取り組み

どんなお悩みでも、まずはお問い合わせください!

Contact

ニッコンでは、企業規模の大小や業種に関わらず、各社のご要望に合わせた人材育成プランをご提案いたします。
また、教育研修以外の各種コンサルテーションもご支援いたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ (代表)