若手社員の早期離職を防ぐためにZ世代社員への接し方と教え方研修

昭和~平成に若手時代を過ごした管理職、リーダーが抱える「今どきの若手社員が理解できない、扱い方が分からない」という課題を解決し、適切な受け入れ方と教育方法の実践ポイントを習得します。時代の要請であるダイバーシティ(多様性)に対応しながら、若手社員を自律したビジネスパーソンに育てます。

(1)70~80年代と2000年以降の社会背景や教育の違いから若手社員の実像が理解できる
(2)平成~昭和の「命令する」「管理する」手法から令和の「育てる」「活かす」手法への転換ができる
(3)令和型の管理職リーダーに求められる指導教育法と伝え方の実践ポイントが習得できる

対象者管理職、マネージャー向け
標準時間6.5時間
研修形式集合型研修・オンライン可

研修プログラム

■オリエンテーション

1.今どきの若手社員を理解する
 1)グループディスカッション
    日常業務における若手社員の評価点や課題について
 2)今どきの若手社員の考え方と価値観
 3)2000年以降の社会背景と教育環境

2.令和の管理職リーダーのあり方
 1)グループディスカッション
    若手社員を育てるために何が必要なのか?
 2)若手社員を育てるためにはまず自分が変わる
 3)価値観の変革:自分と違う=ダメではない
 4)循環型リーダーシップの理解と実践

3.若手社員の指導、教育法
 1)グループディスカッション
    現状において工夫している点
 2)それぞれのタイプに合わせたダイバーシティー指導法
 3)法則性を教えるロジカルシンキング

4.管理職リーダーに必要な伝え方
 1)上司こそアサーションを身につける
 2)対比による説得力のある説明力
 3)他者実現と自己実現、責任に対する向き合い方

■まとめ

 グループディスカッション:本研修での学びと今後のアクション

どんなお悩みでも、まずはお問い合わせください!

Contact

ニッコンでは、企業規模の大小や業種に関わらず、各社のご要望に合わせた人材育成プランをご提案いたします。
また、教育研修以外の各種コンサルテーションもご支援いたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ (代表)