【オンラインセミナー】自治体DX推進計画への対応<静岡県限定>

【オンラインセミナー】自治体DX推進計画への対応<静岡県限定>

※この講座はZoomを使用したオンラインにて開催します。

自治体DX推進計画への基礎知識と進め方

図12020年12月に示された自治体DX推進計画に関連して、17業務の標準準拠システム対応義務化が国会を通過し、いよいよ法制化されます。基本的にはベンダーとのやり取りの中で、現行システムにおける文字整理やFIT&GAP、GAPによって生じる業務の見直しや、新システムの運用等に取組むことになります。

しかし全国一斉に動くため、ベンダー資源が開発等に集中し、対応の遅れが心配されます。現在、今夏以降に示される手順書の検討内容が公開されていますが、ベンダー任せではなく、窓口担当課を中心とした対応実行計画づくりなど組織的な対応が必要です。

そこでこの度、総務省地域情報化アドバイザーであり、実際に自治体で特別職として取り組んでいる講師から、基本的な解説と進め方についての講座を静岡県限定で実施いたします。是非この機会をご活用いただければ幸いです。

日程

2021年6月3日(木曜日)13:30~15:00 (受付:13:20~)

カリキュラム

1.DX推進計画の現状

2.今後、自治体が取り組むべきこと

3.質疑応答

 

講師紹介

株式会社日本コンサルタントグループ 地域情報化支援室長 高村 弘史

■経歴

総務省行政管理局電子政府構築支援室にて業務シ・ステム最適化指針の策定支援・教育を担当。
自治体CIO育成研修講師(総務省自治大学校・APPLIC)(2006年~現在)。吹田市CIO補佐業務、三重県CIO補佐業務等を経て現在、総務省地域情報化アドバイザー、東京都八王子市デジタル推進専門官(特別職)(令和3年4月現在)

■資格

ITコーディネーター マスターマネジメントコンサルタント(全能連)CMC(米国 Certified Management Consultant)

 

オンラインセミナー受講までの流れ

1.受講環境の確認

  1. 所属組織で、Zoom使用が禁止されていないか確認ください。
  2. 本講座受講の受講にあたっては、受講者様お一人ずつに「インターネット回線に接続したパソコン」が必要となります。また、カメラ、マイク、スピーカーの機能が必要です。※詳細はZoomのWEBサイトをご確認ください。
  3. Zoomには、アプリケーション版とブラウザ版あります。アプリケーション版を推奨しますが、会社のルールなどで、アプリケーション版の利用が難しい場合は、ブラウザ版でも構いません。いずれにしても、動作確認をしておくと、安心です。※詳細はZoomのWEBサイトをご確認ください。

2.お申込み

  1. お申込みフォームより手続きをお願いいたします。
  2. お申込み担当者様へ下記のZoomミーティング情報を送付いたします。(アクセス先/ミーティングID/パスワード)

3.受講当日

  1. 各受講者は、受講開始10分前から、待機室へ入室ください。その際、お申込みいただいた氏名での入室をお願いいたします。
    ※Zoomの操作ができない、通信が途切れる、音声が出ないなど技術的なサポートは弊社では致しかねます。あらかじめご了承ください。
  2. 講師(またはスタッフ)が入室承認。
  3. この際、申込氏名と異なる名前で入室している受講者は、承認ができない場合がございますのでお気を付けください。
    ※入室前の名前の変更方法については、こちらをご確認ください。
    ※待機室での名前の変更方法は、ブラウザ版はこちらから、アプリケーションを版は「サインインした上で、[参加]ボタンをクリック、名前の欄に入力し、[参加]」にて変更ができます。
  4. ミーティングルームへ入室。

 

お申込み要領

参加費用 無料 ※事前のお申込みが必要になります。
対象者 自治体DX推進担当者の皆様
参加申込み方法 お申込みフォームより手続きをお願いいたします。
開催の変更・中止 お申込総数が所定の人数に達しない場合には、中止になる場合があります。
中止の場合には5日前までにご連絡いたします。
また、主催者、講師などの都合により、内容・講師・会場を変更または開催を中止させていただく場合もございます。
あらかじめご了承ください。
申し込み期限 開催日の1週間前とさせていただきます。
なお、空席状況により、ご案内できない場合もございます。

お申し込み・お問い合わせ