「ロジカルコミュニケーション研修体験セミナー」開催レポート

「ロジカルコミュニケーション研修体験セミナー」開催レポート

3時間でわかる研修体験セミナー 開催レポート
「ロジカルコミュニケーション研修」

11月24日(水)に「3時間でわかる研修体験セミナー『ロジカルコミュニケーション研修』」を開催いたしました。
セミナーでは、本研修のねらいと特長を説明し、出席者に実際の研修で行う演習を体験していただきました。

■研修のねらいと特長

1. 研修のねらい

本研修は、論理性に焦点を当てたコミュニケーション・スキルを身につけ、現場で実践することをねらいとしています。
仕事の現場では、コミュニケーション力の低下を危ぶむ声が非常に多く、早急な対応が求められています。コミュニケーションには様々な障害要因がありますが、それを取り除く解決策のひとつに「論理性」があります。ビジネスの共通言語である論理スキルを高めることで、根拠や裏づけをもとにした客観的で妥当性の高い職場でのコミュニケーションが可能になります。

2. 研修の特長

標準的な研修は2日間です。コミュニケーション・スキルを読み解く・書き表す・きき取る・説き話すの4つに分け、それぞれのスキルに必要な論法・話法を向上させる演習を中心に学習を進めます。

演習は身近なケースから職場で起こる複雑なケースまで、少しずつ難易度を上げた課題が出題されます。これらの課題に取り組むことで少しずつ理解と実践力を高め、最終的に職場で起こる問題に対応できる力が身につく仕組みになっています。研修の最後には、実際の職場における業務改善をテーマとしたプレゼンテーションを行い、研修によるスキルの向上度合いを確認します。

■研修体験の様子

セミナーでは、前半に「読み解く」スキルの学習で行う2つの演習を紹介し、後半に「書き表す」スキルの学習で行う演習を体験していただきました。

1.「読み解く」スキル演習の紹介

情報を論理的に整理して理解するには「読み解く」スキルが有効です。研修では「読み解く」スキルを「フレームワーク(具体化)」、「ストラクチャー(構造化)」、「プライオリティ(重点化)」の3つに分けて演習を行い、段階的に理解を深めます。

演習には様々なケースを用いますが、セミナーでは、好きな料理を分類するもの、製品で不具合が発生した場合の改良点を考えるものを紹介しました。前者では好きな料理を複数挙げ、フレームワーク手法を用い、調理法や味、材料など様々な視点を考えて分類します。後者では課題である製品の改良点について、フレームワークとロジックツリーを用いて整理し、構造化します。
上記2つの演習内容を説明した後に、これまでの実施結果や受講者の傾向などについて解説しました。

2.「書き表す」スキル演習の体験

「書き表す」スキル演習では、読み取った情報をわかりやすく伝えるための論理的な文書構成とビジュアル表現の重要性を理解します。与えられた情報を整理・構造化してひとつの答えを導き出し、その根拠を含めて報告するためのシートを作成するグループ演習を体験していただきました。

講師から演習結果について、「情報を整理する視点はよかったが、レーダーチャートやロジックツリーなどの表現技法を用いたビジュアル表現があればなおよかった」というコメントがありました。実際の研修でも、答えを導き出すことに集中して表現に注力できない、必要な情報や結論を書き表せていない傾向があることを加え、ロジックツリーを使ったモデル解答を示しながら表現のポイントを説明しました。

■受講者の感想

ご参加いただいた受講者の方々からは、以下のようなご意見をいただきました。

受講者の声(抜粋、要約)

  • コミュニケーションというと話すスキルで組み立てるケースもありますが、前提の部分から考えさせるプログラムであり、納得感がありました
  • 演習としていざ行ってみると論理的に答えを導き出すということがいかに難しいかということを改めて実感しました
  • 問題点の解決法は非常にわかりやすかった。他企業の話など参考になる点が多かったです
  • 若手社員の問題になっている部分を改善していくためのポイントがわかり、効果もありそうで参考になりました

当日、ご多忙の中ご来場いただいた皆様には改めて感謝を申し上げます。
今後も、人材育成に関するセミナーを開催いたします。
詳しい情報については、こちらのHPでご案内いたしますので、ぜひご覧ください。

■ 日本コンサルタントグループ 会社概要
【会社名】
株式会社日本コンサルタントグループ
【所在地】
〒161-8553 東京都新宿区下落合3丁目-22-15 ニッコンビル
【代表者】
清水秀一
【創 業】
1956年12月
【事業内容】
総合経営コンサルタント業(企業診断・改善支援、人材育成・能力開発、市場調査、地域開発、e-メールプロモーション・出版事業)
【事業所】
札幌、北東北、仙台、福島、新潟、千葉、東京、多摩、名古屋、金沢、大阪、福岡
■ 本リリースに関するお問い合わせ

株式会社日本コンサルタントグループ 営業本部

TEL:03-5996-7541 e-mail:tsd@niccon.co.jp