「ゲームアセスメント手法による若手社員研修体験セミナー」開催レポート

「ゲームアセスメント手法による若手社員研修体験セミナー」開催レポート

3時間でわかる研修体験セミナー 開催レポート
「ゲームアセスメント手法による若手社員研修」

11月15日(月)に「ゲームアセスメント手法による若手社員研修体験セミナー」を開催いたしました。
セミナーでは、本研修のねらいと特長を説明し、実際の研修で行うゲーム演習を出席された人事担当者の方に体験していただきました。

研修のねらいと特長

1.研修のねらい

本研修は、若手社員が仕事で成果を上げるために必要な能力を理解し、自身の現状とのギャップに気づき、能力開発への動機づけを行うことをねらいとしています。

企業が若手社員に期待することは、早く新入社員の域から脱して即戦力となることです。若手社員自らが動機づけを行い、職務遂行能力を向上させていくことが求められています。

しかし、職務経験が浅い若手社員は、職務遂行にどのような能力が求められ、自身はどの程度できているかを正確に把握できていません。自信過剰で自己評価が高いが、仕事のレベルや成果が伴っていない若手社員も現場では見られるようです。

能力開発の動機づけには、自身に求められている能力と、現状の能力レベルにまず気づくことが必要です。そのギャップを知ることで自己啓発の課題を設定できます。

2.研修の特長

本研修はゲームを活用した演習が中心です。アセスメントを意図したゲームに自身が取り組むこと、他者の取り組みを観察すること、相互にフィードバックすることを軸に行われます。

ゲーム演習では日頃の職務遂行状況が再現されるため、他者評価で職務遂行能力と行動の結びつきを理解しながら、自身の能力を客観的に評価することができます。

演習は、導入(演習の目的の説明)→ゲームの実施→能力開発のポイント解説→演習の振り返りの順に展開します。はじめに演習の目的を説明するとともに、演習で見ることができる能力について自己評価を行います。最後にも演習の結果を踏まえて評価を行うことで、ギャップに気づきます。また、ゲーム実施後に能力の具体的な開発ポイントを説明するため、受講者はただゲームを楽しんで終わるのではなく、ゲームの意義を理解し、職務行動の改善と能力開発への動機づけへつなげることが期待できます。

研修体験の様子

ゲームアセスメントでは、職務遂行に求められるマネジメント能力を「自己管理能力」、「コミュニケーション能力」、「リーダーシップ能力」、「管理能力」、「意思決定能力」の5つに設定し、それぞれの能力が評価できるゲームを複数用意しています。

本セミナーでは、コミュニケーション能力を評価する「情報伝達ゲーム」と管理能力を評価する「計画ゲーム」の一部を体験していただきました。その取り組みの様子をご紹介します。

1.情報伝達ゲーム

どうすれば相手にわかりやすく情報を伝えることができるかを考える情報伝達ゲーム。3人一組で情報の伝達者、受信者、送受信の観察者それぞれの役割を順に担当して3つの課題に取り組んでいただきました。

ゲームでは伝達者と受信者が説明と質問を繰り返しながら、図形や地図などの情報を受信者がシートに書き込みます。この様子を見て観察者が2人にフィードバックを行います。

1つ目の課題を行った後に、正確に伝達できたチームから成功の要因を発表していただき、講師がそれを踏まえながら情報伝達のポイントを説明。ここでコツをつかみ、2回目以降の課題は全チームで伝達の精度が高まっていました。

2.計画ゲーム

Plan、Do、Check、ActionのPDCAサイクルをチームで体感する計画ゲーム。演習を繰り返し実施することで、計画の立て方が成果にどのような影響を与えるのかを経験し、計画と段取りの重要性と、効率を高めるチームワークの取り方を学ぶことをねらいとしています。

セミナーでは6人一組でゲームを実施し、3人が観察しました(実際の研修では6人全員がゲームをしながら観察もするなど、ゲームの進め方については打合せにより決定しています)。時間の関係上、1回のみ実施しましたが、簡単に見える作業でも段取りやチームワークにより結果に違いがでることを感じていただけたようです。

受講者の感想

ご参加いただいた受講者の方々からは、以下のようなご意見をいただきました。

受講者の声(抜粋、要約)

  • 楽しみながら仕事を振り返ることができるので、便利なツールだと思う
  • 体感しなければ気づかないことが多々あると感じました。また、フィードバックをしっかり行うことで気づきも深まると思いました
  • 演習を実際に体験できたので、受講者の立場でイメージができました

当日、ご多忙の中ご来場いただいた皆様には改めて感謝を申し上げます。
今後も、人材育成に関するセミナーを開催いたします。
詳しい情報については、こちらのHPでご案内いたしますので、ぜひご覧ください。

■ 日本コンサルタントグループ 会社概要
【会社名】
株式会社日本コンサルタントグループ
【所在地】
〒161-8553 東京都新宿区下落合3丁目-22-15 ニッコンビル
【代表者】
清水秀一
【創 業】
1956年12月
【事業内容】
総合経営コンサルタント業(企業診断・改善支援、人材育成・能力開発、市場調査、地域開発、e-メールプロモーション・出版事業)
【事業所】
札幌、北東北、仙台、福島、新潟、東京、名古屋、金沢、大阪、福岡
■ 本リリースに関するお問い合わせ

株式会社日本コンサルタントグループ 営業本部

TEL:03-5996-7541 e-mail:tsd@niccon.co.jp