「パフォーミングセールス公開セミナー」開催レポート

「パフォーミングセールス公開セミナー」開催レポート

11月2日(火)に「パフォーミングセールス公開セミナー」を開催いたしました。

大手ショッピングセンターやアパレル、百貨店の人事・教育担当者など、参加型で効果的な新しいトレーニング手法の情報収集を目的にお集まりいただきました。
セミナーでは、小売業の販売スタッフの課題やパフォーミングセールス・トレーニングの概要を説明し、10のトレーニングプログラムの中から3つを体験していただきました。

semi101102a

セミナー内容

カリキュラム 1.売れる販売スタッフの条件

1)小売業を取り巻く環境と販売スタッフの課題 ~ニッコン接客実態調査結果
2)売れる販売スタッフとは
3)売れる販売スタッフを養成する ~パフォーミングセールス

2.パフォーミングセールス体験プログラム

1)言葉の引き出しを増やそう!『Word 言葉の引き出し力トレーニング』
2)音声による表現力を強化しよう!『Voice 音声表現力強化トレーニング』
3)お客さまを観て想像する力を高めよう!『Watching & Image』
4)質疑応答

3.カフェタイム~情報交換会

セミナーのポイント

1.売れる販売スタッフの条件

売れる販売スタッフの条件と現状とのギャップ、販売スタッフ教育の課題をあげ、売れる販売スタッフを養成するパフォーミングセールス・トレーニングの概要について解説しました。

■売れる販売スタッフとは

モノが売れない今、またインターネットやテレビショッピングなど、購入手段が多様化している現在でも、お客様は何かしらの興味・関心をいだいて来店されています。この来店を販売成立のチャンスと考え、押し売りすることなく、楽しい会話をしながらお客様を購買へと導けるのが売れる販売スタッフです。

■小売業を取り巻く環境と販売スタッフの課題

小売業では、売れる販売スタッフになる以前に、接客スキルが身についていないスタッフが多く見られます。弊社が実施している接客実態調査でも、「表情、特に笑顔がない」、「ハキハキしていなくて、反応も遅い」、「熱心に対応しているが押し付けにしか感じない」などの報告が多数あります。

しかし、これを改善したくても店長や先輩社員が新人スタッフを教育する時間が取れないという現状があります。

■売れる販売スタッフを養成する~パフォーミングセールス・トレーニング

弊社ではこの課題を受け、接客スキルを向上させ、売れる販売員を養成する「パフォーミングセールス・トレーニングプログラム」を開発いたしました。

パフォーミングセールスは、来店されたお客様を観て、瞬時にライフスタイルやこだわりを想像し、その想像をもとにベストなタイミングやポジション、言葉でお客様に合ったお声がけをし、楽しく対話をしながら提案を行い、スムーズに購買意思決定へとつなげる販売手法です。

トレーニングは、この手法を実践するための5つのベーシックスキル(言葉、表情、音声、ボディランゲージによる表現)と、5つのアドバンススキルを身につけます。

スタッフ教育に時間を割けない店舗や企業でも指導の機会を得られるように、1つのトレーニングを70分に設定しています。短時間でも、ワーク中心のプログラムにより、受講者が気づきを得て、接客する楽しさを感じながら取り組める内容となっています。

semi101102b

2.パフォーミングセールス体験プログラム

3つの体験プログラムの内容と会場の様子は以下のとおりです。質疑応答では、本トレーニングで得た気づきを職場で行動に移せるようにするプログラム等があるかという質問がありました。

■言葉の引き出しを増やそう!『Word 言葉の引き出し力トレーニング』

かわいい、キレイだけではなく、情景や色を豊富な言葉で表現できるようにボキャブラリーを増やすことを目的に行うトレーニング「Word」。
ワークに取り組んだ受講者は、自身のボキャブラリーのなさを実感されていたようです。グループで結果を共有した際に、自分が思いつかなかった言葉や表現を知り「なるほど、このような言い方もあるのか」という声が多くあがっていました。

■音声による表現力を強化しよう!『Voice 音声表現力強化トレーニング』

音声表現力で重要な発声、滑舌、表現力を強化するトレーニング「Voice」。
セミナーでは発声、表現力を体験していただきました。表現力では、音声だけで感情を表現すること、相手に伝えることの難しさを感じながらも表現することを楽しみながらトレーニングを行い、グループでのフィードバックを含め、大変盛り上がりを見せていました。

■お客さまを観て想像する力を高めよう!『Watching & Image』

お客様のライフスタイルを想像し、お客様に合ったお声かけや会話、提案をするために必要な着眼点や想像力を鍛えるトレーニング「Watching & Image」。

グループワークでは、メンバーの性別や年齢などによってもライフスタイルを想像するための着眼点が異なり、様々な意見が出ていました。人による視点や観察力の違いを知ることの重要性についても受講者に実感していただけたようです。

受講者の感想

ご参加いただいた受講者の方々からは、以下のようなご意見をいただきました。

受講者の声(抜粋、要約)

  • 今行っているトレーニングがマンネリ化してしまっているため、参加型で実施できる新しいトレーニングを習得する目的で参加したが、非常に有意義だった。
  • いろいろ研修を体験していますが、とても新鮮で新しい発見や気づきがあり、楽しみながら参加させていただきました。講師の先生方の表情や話し方がすばらしかったです。
  • 使用教材が難しくなく、参加型なのでメモに集中せずに積極的に取り組めるプログラムがとてもよいと思います。特に店員(現場)には理解しやすい内容です。
  • トレーニング手法を自分なりに売場アイテムやカテゴリーに合わせてアレンジしたりイメージすることができ、今後の指導にすぐ役立てられそうです。

当日、ご多忙の中ご来場いただいた皆様には改めて感謝を申し上げます。
今後も、接客・サービススタッフ育成に関するセミナーを開催いたします。
詳しい情報については、こちらのHPでご案内いたしますので、ぜひご覧ください。

■ 日本コンサルタントグループ 会社概要
【会社名】
株式会社日本コンサルタントグループ
【所在地】
〒161-8553 東京都新宿区下落合3丁目-22-15 ニッコンビル
【代表者】
清水秀一
【創 業】
1956年12月
【事業内容】
総合経営コンサルタント業(企業診断・改善支援、人材育成・能力開発、市場調査、地域開発、e-メールプロモーション・出版事業)
【事業所】
札幌、北東北、仙台、福島、新潟、東京、名古屋、金沢、大阪、福岡
■ 本リリースに関するお問い合わせ

株式会社日本コンサルタントグループ 営業本部

TEL:03-5996-7541 e-mail:tsd@niccon.co.jp