建設業入門コース(テキスト+WEBテスト):eラーニング

建設業入門コース(テキスト+WEBテスト):eラーニング

対象 入社内定者/新入社員
受講期間 3か月(最長1年間)
標準学習時間 12時間
学習のねらい 企業毎に、また社内の部門毎にバラツキが著しい新人教育を、統一的に、効果的に、建設企業の実情にあった教材として提供します。建設業界に関心、興味をもたせながら、①建設業界・建設企業の理解、②社会人・建設会社の社員としての心構え・常識の習得、③建設マンとしての誇り・ロマンを醸成します。
受講料 紙版テキスト :1人につき8,250円(税込)
電子版テキスト:1人につき6,050円(税込)
必要な学習環境 【パソコン】
OS:Windows(8.1, 10)、Mac OS X
ブラウザ:Windows[Microsoft Edge, FireFox , Chrome]、Mac[Safari]
※Internet Explorerは、対応しておりません。
※Windows 7 は、動作保証外となります。
【タブレット、スマートフォン】
OS:iOS10.0~
ブラウザ:Safari
OS:Android5.0~
ブラウザ:Chrome

特色

  • 入社内定者への教育から入社後のフォロー用に
  • 建設業の業界知識や業務の基礎知識をテキストで解説
  • 書籍+WEBテストの組み合わせで知識を定着(紙版・電子版を選択可能)

学習の流れ

テキスト学習

日本コンサルタントグループの建設業向け通信教育テキストをベースにしています。品質・内容・実績を評価していただいているロングセラー教材を、より受講しやすいeラーニング形式でご提供します。電子版テキストならタブレット・スマホ等でいつでも学習可能です。

「建設業の基礎知識」「建設会社に入社して」「建設会社の仕事の実際」の3単元構成。社会人経験の浅い内定者、新入社員向けに、社会人マナーをはじめ、業界知識や基本的な知識、建設人としての誇りを学べます。

建設業入門コース:テキスト学習

WEBテスト

単元の学習を終えるごとに、択一式のWEBテストを受験します。WEBテスト単体でのお申込みも可能です(過去受講なさった方など、本テキストをすでにお持ちの方向け)。
建設業界知識から現場コストマネジメント、社会人・建設人として求められるマナーなど、広く出題しています。

建設業入門コース:WEBテスト

カリキュラム

第1単元 建設業の基礎知識
第1章 建設業の役割と意義

1.建設業はなぜ重要か
2.建設業、その社会的役割と責任
3.建設業の歴史と最近の動き
4.建設業の将来展望とわたしたちの未来

第2章 建設業の特徴

1.受注産業を超える総合組立産業に向けて
2.開業には許認可が不可欠
3.建設業と建設業法
4.建設業の構造改善

第3章 建設業の仕事の流れ

1.スタートは発注者から
2.設計と見積もり
3.建設業務は受注で始まる
4.購買
5.現場での施工と監理
6.建設業者に求められる5つのポイント

第2単元 建設会社に入社して
第1章 建設会社で働く

1.会社とは
2.社会人とは

第2章 建設会社に働くものとしての心構えとマナー

1.心構えとマナーの基本
2.会社内でのマナー
3.他社との関係
4.建設現場での人間関係
5.仕事の進め方

第3章 期待される社員像

1.建設会社の社員に必要な資格
2.期待される社員像

第3単元 建設会社の仕事の実際
第1章 入札・指名から受注まで

1.指名から施工計画まで
2.見積もり
3.契約と開発営業

第2章 着工から竣工まで

1.着工以前
2.着工以後

第3章 施工管理

1.3つの施工管理
2.工程管理
3.品質管理(QC)
4.原価管理(実行予算管理)
5.安全管理
6.資機材監理
7.環境管理

第4章 写真で見る工事管理あれこれ

1.現場で活躍する機械を見る
2.現場の仮設方法を見る
3.現場の施工管理を見る
4.やりがいのある大工事を見る

WEBテスト

第1単元 建設業の基礎知識
第2単元 建設会社に入社して
第3単元 建設会社の仕事の実際