人事評価者・考課者研修

人事評価者・考課者研修

以下の課題解決に効果的です

  • 新たな人事評価制度を導入し、スタートを切りたい。
  • 評価者による評価のばらつきがめだつ。
  • 人事評価に対する社員の不満・不平の声や反発がめだつ。
  • 評価時期になってはじめて、評価を意識する風土が蔓延している。

公平で公正な評価には、評価者のスキルによる差を縮めることが大切です!

特徴

  1. 評価者に必要な人事評価の基本(目的、原則、評価対象・仕組み、ルール)について理解を深めることができます。
  2. 事例演習を通じ、評価スキルの向上と評価者間の評価基準のすり合わせを図ることができます。
  3. 評価を支えているのは日々のマネジメントであることを理解し、マネジメント振り返りと開発課題を明らかにできます。

コース内容

【1日目】 【2日目】
1.人事評価の基本

1)人事評価の目的と意義
2)人事評価の基本原則
3)人事評価の仕組み
4)仕事の成果とプロセス

2.目標管理の基本にある考え方

1)目標のはたらき
2)求められる人材像
3)良い目標の3つの側面
連鎖性/変革性/主体性

3.目標設定段階のポイント

1)目標管理とコミュニケーション
2)管理者としての機軸の整理
3)目標設定の準備
・環境分析(SWOT)と課題設定
4)上位方針のブレイクダウン(ロジックツリー)

4.目標明確化のポイントと面接の手順

1)(ロールプレイング)目標設定面接
・ケース読み込み
・ロールプレイング
・相互評価
2)面接の留意点

5.デイリーマネジメントのポイント

1)進捗管理
2)問題解決支援
3)部下指導

6.人事評価のポイントと進め方

1)マネジメントサイクルと評価
2)業績評価の進め方 ~演習1~
3)能力・取組評価における3つのルール
4)事例演習
①行動の選択 ~演習2
②要素の選択 ~演習3
③段階の選択 ~演習4
④総合問題
・個人処理
・グループ討議
・全体評価
・評価の振り返り

7.フィードバック面談と部下の育成

1)面談の準備
2)面談の手順とポイント
3)面談演習
①シナリオ作成
②ロールプレイング
③コメント
4)能力開発の考え方とOJT

8.公正な評価を実現するために

1)評価情報の収集とマネジメント
2)評価エラー

9.まとめ ~評価者の心得~

 

※プログラムは一例です。研修の企画・実施にあたっては当社の営業担当者がお伺いし、研修目的、対象者などを確認させていただいた後、オリジナルプログラムの設計をいたします。