建築工事の施工図研修~若手監督のための躯体図・平面詳細図の見方、書き方、チェックの仕方~

現場監督が現場を適切に管理するためには、施工図を理解する知識が必要になります。設計図の読み込みから、作図、チェックの仕方まで一通り学ぶことにより、施工図の基本知識の習得を行います

対象者新入社員、若手社員
標準時間7時間
研修形式集合型研修

研修の到達点、期待効果

  1. 現場監督として必須な施工図の基本を習得できます

研修のポイント

簡単な作図をすることで、実際の施工図業務の重要さ、面白さ、やりがいなどを感じるきっかけを作ることができます

研修プログラム

1.まずは施工図を理解しよう
1)理解すると変化が起こる?
2)基本ルールを押さえれば怖くない
3)一度書いてみればわかる
※実習①:設計図から柱、梁の躯体断面スケッチを書いてみよう!
※実習②:設計図から一般間仕切り壁の平面スケッチを書いてみよう!

2.施工図の基礎
1)施工図とは何なのか?
2)施工図に求められること
3)施工図を描くために必要なもの
4)躯体図とは?
5)平面詳細図とは?
6)矩計図とは?
7)平面詳細図とは?
8)施工図はアウトソーシングが主流

3.躯体図
1)躯体図とは?
2)躯体図の種類
3)記号を理解しよう
4)基礎躯体図
5)床伏図
6)見上げ図
7)屋根伏せ図
8)断面詳細図
9)チェックのポイント
※実習③:簡単な見上げ図をスケッチで書いてみよう!
※実習④:簡単なパラペット詳細断面をスケッチで書いてみよう!

4.平面詳細図
1)平面詳細図
 2)総合図(プロット図)
 3)記号を理解しよう
 4)矩計図
 5)チェックのポイント
※実習⑤:簡単な平面詳細図スケッチ書いてみよう!
※実習⑥:矩計図をスケッチ書いてみよう!

5.終わりに 一級建築士が欲しいなら手書きの訓練を!

どんなお悩みでも、まずはお問い合わせください!

Contact

ニッコンでは、企業規模の大小や業種に関わらず、各社のご要望に合わせた人材育成プランをご提案いたします。
また、教育研修以外の各種コンサルテーションもご支援いたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ (代表)