食品スーパー導入事例

食品スーパー導入事例

ケース5:M社食品スーパーのお困りごと「売場づくりのレベルを上げたい」

  • 最近、店舗の売場づくりのレベルが落ちているように感じる。
  • 売場を回っても、商品がただ並んでいるだけで購買意欲が沸かない。結果、売上が思うように上がってこない。
  • 以前は店舗でチーフが指導する余裕もあったが、今はプレイングマネジャーにならざるを得ず、そういった余裕も無いのが現状。
  • 同じ品揃えで同じ指示が出ているのに、店舗間の格差が大きい。

yajirushi

部門チーフの売場づくりの「意識」「知識」、そして「売場のレベル」が上がる取組み事例はこちら

ケース4:U社食品スーパーのお困りごと「パートチーフの活躍」

  • 部門チーフとしてパートスタッフの起用が増えてきているが、メンバーとのコミュニケーション上の問題も少なくない状況にあり、管理者としての機能化が進んでいない。
  • コミュニケーションの悪化により、パートチーフの負担増(業務の抱え込み)になり、仕事のムリ・ムダが発生する。
  • このため、業務上のミス(表示、原材料、盛付け等)の増加、新人パートの離職といった問題点が浮き彫りとなって来ている。

yajirushi

パートチーフの意識、知識と実践力を高め活躍していく取組み事例はこちら

ケース3:食品スーパーグループS社のお困りごと「店長の育成と輩出」

  • 店舗経営・運営に関する基礎的なことを店長に教える人がおらず、また教える機会が少ないため,店のレベルが低下している。
  • 結果的に店舗運営がうまくいかず業績が低迷している。

yajirushi

店長としての店舗運営に関する知識、店長に求められるスキルを体系的に学ぶ取組み事例はこちら