緊急提言:建設業経営オンラインセミナー~先手必勝の組織力強化~

緊急提言:建設業経営オンラインセミナー~先手必勝の組織力強化~

※この講座はZOOMを使用したオンラインにて開催します。

新型コロナ感染症後に激変する建設業の市場環境に

従来の経営体質で戦えますか!

このセミナーでは建設企業の経営者の皆様に今後の急速な環境変化に適応していただく「勝ち残りのための処方箋」として、次の2点についてご提言致します。

  1. コロナ感染症後の建設業経営はどうあるべきか
  2. 環境変化に適応するために建設業は組織をどのように強化すべきか

建設企業経営者の皆様のご参加をお待ちしております。

 

開催日:

2020年6月25日(木)14:00~15:30+質疑応答 (入室時間:13:50~)

 

カリキュラム

1.新型コロナ感染症後の建設業経営

1)新型コロナ感染症後の建設業界はどう変わるのか
2)勇気をもって完工高至上主義を捨て、付加価値を追求せよ
3)本来の組織力とは何か(会社の努力と社員の努力を明確に分ける)

2.組織力を高めた建設企業が勝ち残る

1)利益の要の工事部門は今のやり方で大丈夫か
①工事本部と現場のあり方を一から見直せ
②働き方改革に対応した現場の支援体制強化
③若手社員を定着化させ、早期に戦力化する~現場内教育(OJT)とメンタルケアの仕組みづくりがポイント~
2)営業は企画力と提案力で特命を勝ち取れ

講師紹介

株式会社日本コンサルタントグル-プ 建設産業研究所
建設営業・人材戦略研究室長 酒井 誠一 (さかい せいいち)

建設業の人事諸制度の策定などのプロジェクト指導から営業担当者・管理職などの教育研修まで幅広い分野で活躍。『地域社会に貢献する建設企業の経営を考える経営者のパートナーであり続けたい』を基本理念とし、誠実できめ細かい指導には定評があり、クライアントから厚い信頼を得ている。

 

Zoomについて

インターネットを利用したビデオ会議アプリケーションです。オンライン講座の受講に必要になります。
講師と受講者の双方向コミュニケーションを行うため、受講にあたってはカメラ、マイク、スピーカーが内蔵(接続)されたパソコンが必要になります。詳細な環境条件は下記ZOOM WEBサイトをご覧ください。
なお、タブレット端末やスマートフォンでもZoomによる講座受講は可能ですが、機能面・操作面からご受講に不具合が生じるため、パソコンによるご受講を強く推奨いたします。
Zoom WEBサイト https://www.zoom.us/

お申込み要領

参加費用 5,000円(税抜)/1人
対象 建設業における経営層の皆様
定員 先着90名
参加申込み方法 お申込みフォームより手続きをお願いいたします。
各開催日をクリックするとお申込みフォームが開きます。
開催の変更・中止 お申込総数が所定の人数に達しない場合には、中止になる場合があります。
中止の場合には5日前までにご連絡いたします。
また、主催者、講師などの都合により、内容・講師等を変更または開催を中止させていただく場合もございます。
あらかじめご了承ください。
申し込み期限 開催日の1週間前とさせていただきます。
なお、空席状況により、ご案内できない場合もございます。

 

受講までの流れ

1.受講環境の確認

  1. 所属組織で、Zoom使用が禁止されていないか確認ください。
  2. 本講座受講にあたっては、受講者様お一人ずつに「インターネット回線に接続したパソコン」が必要となります。また、カメラ、マイク、スピーカーの機能が必要です。※詳細はZoomのWEBサイトをご確認ください。
  3. Zoomには、アプリケーション版とブラウザ版あります。アプリケーション版を推奨しますが、会社のルールなどで、アプリケーション版の利用が難しい場合は、ブラウザ版でも構いません。いずれにしても、動作確認をしておくと安心です。※詳細はZoomのWEBサイトをご確認ください。
    ※Zoomの操作ができない、通信が途切れる、音声が出ないなど技術的なサポートは弊社では致しかねます。あらかじめご了承ください。

2.お申込

  1. 上記お申込みフォームにてお申込みください
  2. お申込み担当者様へZoomミーティングについて(アクセス先/ミーティングID/パスワード)をご案内いたします。
  3. お申込み担当者様から受講者様へZoomミーティングについて(アクセス先/ミーティングID/パスワード)ご連絡をお願いいたします。※他者へは漏らさないようにお願いいたします。

3.受講当日

  1. 各受講者は、受講開始30分前より、待機室へ入室ください。その際、お申込みいただいた氏名での入室をお願いいたします。
  2. 講師が入室承認。この際、申込氏名と異なる名前で入室している受講者は、承認ができない場合がございますのでお気を付けください。
  3. ミーティングルームへ入室。
  4. 受講開始

お申し込み・お問い合わせ先