ITプランニングセールス研修(ITPS)

【PDU対象】ITプランニングセールス(ITPS)

*PMP(R)資格更新に必要なPDUポイント(PDU_Strategic:26.5)の取得が可能です。 

itps_book

ITプランニングセールス(ITPS)とは、顧客のITの活用による経営課題解決策を提案できる営業を指し、顧客の成長を促す役割を担います。

ITPS(ITプランニング・セールス)資格は、経営課題解決を図る「企画提案型営業」の知識と現場展開力を評価し、その力があることを認定するものです。

すなわち、IT系企業の営業担当者(将来の就業も含めて)として活躍するために必要な能力を審査して資格を付与することにより、営業スキルを高めるとともに、今後成長が見込めるIT関連営業職への就業・転職を容易にしようとするものです。

その結果として、効率的なIT投資を企画・提案できる営業人材が育成され、わが国のIT化を促進することを意図します。

ITPSの養成講座は、通常4日間のカリキュラムで構成されている営業研修です。企業ケースを使用して、ITPSのセールスステップをグループワークで擬似的に体験していきます。最終日にはスキル試験を受験します。

ITPS養成講座(4日間コース)を全単元受講すると知識試験が免除になります。

ITプランニングセールス研修(ITPS):プログラム体系図

ITプランニングセールス研修(ITPS)プログラム体系をダウンロード

 

ITPS資格制度の概要

ITPS(ITプランニング・セールス)資格は、経営課題の解決を図る「企画提案型営業」の知識と現場展開力を評価し、その力があることを認定するものです。

IT企業の営業担当者として活躍するために必要な能力を審査して資格を付与することにより、効率的なIT投資を企画・提案できる営業人材が育成され、わが国のIT化を促進することを意図して開発されました。

IT業界の営業としては唯一の資格であること、営業の能力を評価・証明する数少ない資格であることから、現在では社内資格と位置づけて取得を奨励したり、社内の昇格・昇進条件として取得を義務づけるといった運用をされているケースもあります。

 

ITPS資格取得の仕組み
認定 ・知識試験とスキル試験の合格者
・認定書発行:資格取得者登録
・認定機関:(社)全日本能率連盟
検定 ・検定試験:年2回
・検定試験:知識試験とスキル試験
・検定範囲:基本テキスト内容
・実施団体:(社)日本経営協会
取得支援 ・養成講座(集合研修型)
・受講により、一部試験免除
ITPS資格更新の仕組み
有効期間 ・資格取得後3年間
更新 ・3年毎に更新
・更新手続きで登録更新
・更新研修受講が必要

ITPS(ITプランニング・セールス)は(社)全日本能率連盟と加盟団体がアライアンスを組んでスタートさせた新しい資格制度です。

ITPS受験の流れ

ITPS受験の流れ

ITPS検定試験の受講者を支援

ITPS養成講座(4日間コース)を全単元受講すると知識試験が免除になります。

ITPS受験の流れ

検定試験実施団体
社団法人日本経営協会
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-11-8
TEL:(03)3403-1676 URL:http://www.noma.or.jp/kentei/it/

資格認定団体
(社)全日本能率連盟
〒102-0083 東京都千代田区麹町3丁目12-5 近代ビル+F
TEL:(03)3221-5051 URL:http://www.zen-noh-ren.or.jp/

 

ITPSで取り扱うワークサンプル

ワークシートの活用を中心として、仮説提案ができるプランニングセールスへのステップアップを目指します。

ワークシートの一例
ITPS基本テキストⅠ~Ⅲ

展開の各ステップにおけるカリキュラムの流れ

カリキュラムの流れ

受講価格(公開講座と企業内講座の違い)

ニッコン開催 養成講座

 1.メリット
  • 他社との交流ができる。
  • グループワークを通じて参加企業の取組みや考え方を知る機会がある
2.日程
  • 弊社が予定している開催日指定 ※4日間
  • 2週間にわたって2日間ずつの実施 ※4日間
3.カリキュラム
  •  資格制度のためITPS養成講座を受講する時間やカリキュラムについては固定化されております。
4.会場
  • 弊社指定場所
5.受講人数
  • 6名以上
6.金額
  • 検定試験付:148,000円(税抜)
  • 養成講座のみ:128,000円(税抜)

企業内養成講座

1.メリット
  • 他部門の強みやそれぞれの担当領域の特長を直接聞くことができ、これまで以上に自社の強みを理解することができる
  • ソリューション営業を展開する上での課題を共有することができる
2.日程
  • 各社の研修計画に沿って実施ができる  ※実施日程相談可能
  • 各社スケジュールに沿って実施が出来る  ※相談可能(例えば、4日間連続実施や、週1の隔週でも実施可能)
3.カリキュラム
  •  資格制度のためITPS養成講座を受講する時間やカリキュラムについては固定化されております。
4.会場
  • 貴社内 ※相談可能
5.受講人数
  • 10名以上
6.金額
  • 検定試験付:135,000円(税抜)
  • 養成講座のみ:115,000円(税抜)

受講者のコメント

Aさん

受講動機
ソリューション営業とは何かを理解する為に受講した。
受講後コメント
ソリューション営業に必要なスキル・知識を体系的にグループワークを通して学習することができたので、これまでの営業スタイルを見直しソリューション営業への意識と行動変革にチャレンジしていきたい。

Bさん

受講動機
技術職から営業職へ異動となり、SEとしてお客様と接する機会はあったが、営業としてお客様とどのような関わりをもてばよいか分からなかったので、ソリューション営業を体系的に理解することができるITPSを受講した。
受講後コメント
技術的な視点でお客様と話していたが、今後はお客様の経営課題は何かという視点からソリューション提案をしていきたい。

 

よくあるご質問

テストは難しいものですか?

落とすために試験を実施しているわけではありませんので、学習した課題形成のプロセスをきちんとテストで提示できれば合格できます。
テストサンプルは「ITPSの広場」にアップされておりますので、ご参考ください。なお、知識試験とスキル試験がありますが、ITPS養成講座を受講される場合は知識試験が免除となります。
こちらからテストサンプルのPDFがダウンロードできます

どのような方が講座を受講していますか?

ITに関わる営業ならびにフロントSEの方です。
年齢は幅広いですが、 一般的に20代~30代が中心です。

営業研修は講師個人の力に依存しているケースが多いのですが…

本養成講座はワークの中から計画的で論理的な課題解決の展開手法を学ぶものです。学習体系はプログラム化されており、構造化が主題となりますので、講師に依存するような内容ではありません。ワークを重ねるうちに、頭の中で漠然とイメージしていた提案スタイルが明確になったという受講生の声も頂いております。

4日間という日数は営業にとって長いと思いますが…

1週間で4日間営業工数を奪われてしまうのに難色を示される企業様もいらっしゃいますので、弊社では2日間を2週にわけたプログラムをご提供しております。
またトータルで4日間という日数ですが、その後のプランニングセールスへの成長を考えると有効な投資であると、弊社では考えております。

効果測定はできますか?

残念ながら測定するツールはございませんが、弊社ではSPCというソリューション営業力診断を活用して頂き、事後効果を測定して頂くこともご提案しております。
技術研修と比べて営業研修は数値による効果測定が難しく、また効果の即効性が乏しいと言われております。このSPC診断はITPS養成講座での効果を完全に反映できるものではありませんが、プロセス営業力を測定する一つの指標としてお使い頂ければと考えております。

ITSSとの相関

ITスキル標準(IT Skill Standard)とは

ITスキル標準は経済産業省が策定した各種IT関連サービスの提供に必要とされる能力を明確化・体系化した指標であり、ITサービス・プロフェッショナルの教育・訓練等に有用な「ものさし」(共通枠組)を提供しようとするものです。(政府資料より加筆)

ITSSとは

ITSSの活用例

お客様に接するITプロフェッショナルの実務能力を対象にしているのが特徴で、企業戦略に沿った戦略的な人材育成や調達を行う際の目安となります。
独自の取り組みによって既にスキルに関する何らかの基準を持つ企業においては、スキル標準との対応関係の整理を行うことにより、自社の基準の客観的な位置づけを把握することができます。

ITSSとITPSの相関

ITSSは11の職種にわかれており、「セールス」職の研修項目にあたるプロセス基礎・実践のコースITPSではカバーしてます。

ITSSとITPSの相関

ITSSセールス(訪問型コンサルティングセールス)の研修コース群(体系図)

ITSSとITPSの相関