接客ロールプレイングコンテスト(百貨・専門店・SC)

接客ロールプレイングコンテスト

ロールプレイングは、接客態度の改善、接客技術の向上に効果的とされており、トレーニング手法の一つとして確立し広く活用されています。ロールプレイングの効果はお客様の気持ちを敏感に感じ取れるようになること、また、頭では理解していてもなかなか行動に移すことができない接客スキルを訓練によって体得することができます。

コンテスト開催のねらい

  • 接客技術向上による売上・収益の向上を目指します。
  • ロープレコンテストへの参加を通して、スタッフの接客技術向上を図ります。
  • ロープレコンテストへ参加しやすい環境を整え、参加店舗・参加人数を増やします。
  • テナント間の適度な競争意識と技術の共有・協力を深めます。
  • コンテスト形式とすることによりお互いに「心技体」を切磋琢磨する場の提供をします。
  • 他店・他業種の接客を見ることにより、接客のバリエーションを広げます。

標準期間

  • 3~4ヵ月(プロジェクト開始から決勝大会まで)

接客ロールプレイングコンテストの流れ・進め方

エントリー

  • 立候補、推薦などの方法により、参加店舗を決定します。参加店舗はエントリーシートを作成・提出します

事前研修

目的

  • ロールプレイングコンテスト参加の意義や概要の説明、および動機づけ
  • 審査項目のポイントを押さえた研修による接客レベルの向上

時間

  • 1回2時間(参加人数により1日に2回開催)

内容

  1. ロールプレイングコンテストの概要説明
    大会参加意義
  2. ロールプレイングコンテストDVD鑑賞
    過去の大会における受賞者のロールプレイングからみるポイントの解説
  3. ロールプレイングコンテスト概要説明
    全体スケジュール説明、ロールプレイング進行方法、審査方法と審査基準
  4. ロールプレイング予選大会向け接客レベル向上研修
    好感度向上トレーニング(表情、動作、所作、挨拶、お辞儀)
    コミュニケーション力トレーニング(声の出し方、話し方、聴き方)
  5. ロールプレイング予選大会に向けて練習方法

予選会

目的

  • 参加者が互いに、スタッフ役・お客様役・審査員役を務め、それぞれの視点を体験し、相互フィードバックを行うことにより、接客レベル向上につなげる
  • 自身の強みと弱み等に関する気づきを得て、接客レベルの向上につなげる
  • 決勝大会進出者を決定する

時間

  • 1回2時間~3時間(参加人数により実施回数と時間を調整します)

内容

  1. 開会挨拶
  2. ロールプレイング予選大会進行方法説明
  3. 事前ロールプレイング練習
  4. ロールプレイングの実施
    1グループ8名前後に分かれ、相互に競技・審査を行います
    1競技ごとに各審査員役(参加者相互)が採点表に記入します
    1人あたり5分(任意設定)でロールプレイングを実施します
  5. 審査結果の発表と総評

決勝大会

 目的

  • 1名ずつ審査員による審査を受け、そのフィードバックを受けることにより、自身の強みと弱み等に関する気づきを得て、接客レベルの向上につなげる
  • 審査員(ディベロッパーの関係者数名+弊社コンサルタント)による、正確な審査を行う

時間

  • 1回2時間~3時間(ご参加人数により実施回数と時間を調整いたします)

対象

  • パターンA(※予選を行う場合)    予選大会を勝ち抜いた方々(10数名様程度まで絞ります)
  • パターンB(※予選を行わない場合)  全スタッフ(事前研修に参加された方々)

内容

  1. 開会挨拶
  2. ロールプレイング決勝大会進行方法説明
  3. ロールプレイングの実施
    演技は1人ずつ順番に行います
    1演技ごとに審査員が採点表に記入し採点集計係に提出します
    全員が設定時間内でロールプレイングを実施します
  4. 表彰式と総評

SC協会主催の支部大会へ向けて

目的

  • SC協会ロールプレイングコンテストで勝ち抜く“コツ”の伝授とロールプレイングビデオ撮影による改善ポイントの検証と強化

時間

  • 1回2時間~3時間(人数による)

対象

  • SC協会ロープレ支部大会出場者

内容

  1. SC協会過去受賞者の傾向からみる大会を勝ち抜くコツ
    売場の接客とロールプレイング大会の接客の違い
    審査員受けする受賞者の傾向
    審査表の落としてはならない項目と加点に繋がるポイント
    大会で意図的に自分の演技のしやすいお客様役を演じてもらうための商品選定方法
  2. ロールプレイング強化個別強化特訓
    各出場者ロールプレイングビデオ撮影
    映像を見ながら各人の強み弱みの検証とアドバイス
    ロールプレイングブラシュアップ

SC協会主催の全国大会へ向けて

 目的

  • 支部大会でのロールプレイングからみる全国大会へ向けた強化特訓
    ※支部大会と全国大会では持参商品点数と演技時間が変更になるため、そのための特訓をお勧めします

時間

  • 1回2時間~3時間(人数による)

対象

  • SC協会ロープレ全国大会出場者

内容

  1. 支部大会と全国大会の変更点の説明
  2. 支部大会でのロールプレイングの改善点の確認
  3. ロールプレイング強化個別強化特訓
    出場者ロールプレイングビデオ撮影
    映像を見ながら各人の強み弱みの検証とアドバイス
    ロールプレイングブラシュアップ

 

※本プログラムは一例です。コンサルティングの企画・実施にあたっては弊社の営業担当者がお伺いし、お客様の現状・ご要望などを確認させていただいた後、コンサルティングの企画ご提案をさせていただきます。